悩み改善

女性不妊の5大原因と改善法!意外と知られていない【前編】

女性不妊原因
今日は女性の不妊について話していきます。
6タイプがあって結構長くなると思うので、前編と後編に別れて話します。
前編では漢方の妊娠についての考え方と二つの不妊の体質タイプについて話します。
これから妊娠を考えている人、不妊で悩んでいる人、不妊治療で何百万をかけてるけど改善できない人はぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。
改善へのヒントを得られると思います。
では、早速本題に入ります。

東洋医学の妊娠についての考え方

まず、東洋医学は妊娠についての考え方を簡単に説明します。
体質のタイプだけ見たい人は後半に飛ばしてください。
東洋医学の古典〈黄帝内経〉では「女子二七而天癸至,任脈通,太衝脈盛,月事以時下,故有子。」と書かれています。
女性は14歳頃に腎気が充実し初めて、任脈と太衝脈が盛んになるゆえに、生理が始まり、妊娠することができるようになるという意味です。
東洋医学の「腎」というのは、生殖機能、体の元気精力の元だと考えていて、任脈と太衝脈は人間にとってとても大切な経絡で、女性にとっては生理や妊娠に影響を与える経絡です。
腎気は任脈と太衝脈を通って子宮に到達し、子宮で卵子を生成して精子と結合して赤ちゃんができる、そして、子宮は赤ちゃんを育つための大切な場所だと考えています。
なので、東洋医学的に妊娠するのに最低限な条件は三つあります。
・腎気の充実
・経絡が滞っていない
・体温、子宮の温度、簡単にいうと体が冷えていない事ですね。
この三つの条件がクリアできなければ、不妊になる可能性がとても高くなります。
そして、不妊は必ずしも女性の問題ではないです!男性側の問題の可能性もあるので、お二人の責任です!あまり奥さんのせいだとか、女性の問題だとか責めないようにしてください!

不妊の原因と改善法

東洋医学では、6つのタイプがあると考えていて、
・腎陽虚
・腎陰虚
・気血両虚
・肝気鬱結
・瘀血
・痰湿
になります。前編では・腎陽虚・腎陰虚を話していきます。

腎陽虚・不妊の原因と改善方

このタイプの人は、
・生理が遅れる
・ひどい場合はこなかったり、若いのに閉経してしまう
・月経の血の量が少ない
・色が薄い
・おりものが透明っぽい
・下腹部が冷えている
・足腰がだるい
・食べなくても太る
・元気がでな
・疲れやすい
・寒がり
・顔色が血色がない
・目の下のクマがひどい
・性欲低下
・夜中にトイレが多い
・軟便気味
などの特徴があります。

腎陽虚になる原因

・先天不足
・生まれ付きで体が弱い
・房事のやり過ぎ
・過労
・よく夜更かしする
・堕胎したことがある
・よく床に座る
・薬の飲み過ぎ
・冷たいもの、生もの、タバコ、お酒を過剰摂取
などがあります。

改善法

まず冷たいもの、生ものをできればしばらくやめましょう!!
我慢できないなら食べる回数や量を減らしてください!
そして、頻繁に房事をしている人は頻度を減らして、腎を回復させた方がいいです
夜更かし、過労はできるだけしないように!!
あとは、食材ですね、
・黒豆
・黒ごま
・黒キクラゲ
・のり
・えび
・くり
などを食事に取り入れてみてください!
特に黒い食材は腎を養ってくれます
お茶は、黒豆茶、ナツメ+クコのみ茶がいいと思いますね。

ツボは、腎と言えば、腎兪湧泉ですね。
腎兪
腎兪の場所はおへその真後ろから左右指2本分のところにあります。
湧泉ツボ
湧泉は足の裏、前半3分の1のところにありますね
足の指を曲げると前半3分の1のところに窪みがあると思うのでそこが湧泉ですね。
湧泉は足ツボマットを買えば、座ったままで押せるので足ツボマットをとてもおすすめです。

腎兪は自分で押すと疲れると思うので、お灸を乗せて20分ほど温めた方がいいと思いますね

または、ホットタオルを腰に載せてもいいですけど、ホットタオルだとすぐ冷めてしまうので、ぜひお灸を試してみてください!

腎陰虚・不妊の原因と改善法

このタイプの人は、
・生理が早くなったり、遅くなったりして周期が定まらない
・月経の血の色は鮮やかで量が少ない
・足腰がだるい
・痩せている
・手足が熱い
・睡眠障害
・寝汗が出る
・口が乾きやすい
・耳鳴り
・抜け毛が多い
などの特徴があります。

腎陰虚になる原因

・先天不足
・何かの不調が長く続いているけど放置してしまった
・房事のやり過ぎ
・高熱が出たあと
・辛いもの香辛料を良く食べる
・過労
・よく夜更かしする
・何かのショックや悲しい事から長期間に抜けられない
などがあります。

改善法

・辛いもの、香辛料、揚げ物をしばらく控えてみる
腎陽虚と同じ黒い食材はおすすめですが、白い食材もオススメ
例えば、白キクラゲ、山芋、白胡麻、ゆりね、くるみなどですね。
ツボは湧泉や腎兪はもちろんいいですが、腎陰虚の人は復溜(ふくりゅう)と三陰交がおすすめです。
復溜
復溜の場所は少し分かりいにくいですけど、足の内側、親指側の足首の骨の後ろから上に指3本分のところにあります。
三陰交
三陰交の場所は同じく足の内側にあります、足首の骨から上指4本分のところにありますね。
押す前に必ず手を暖かくしてください!力を入れたり抜いたりして3〜5分ほど押してみるといいですね。
1日2〜3回ほどでいいと思いますね、押すのめんどくさい人はお灸を乗せて温めてもいいです!ちなみに、私はお灸派です!もちろん押すのもお灸を載せるのも、右と左を両方ようにしてください!
正直、腎陽虚や腎陰虚になると、食事や生活習慣を見直すだけじゃ力不足なんですよ!これは私自身の経験でもあったので、本当に漢方サプリや漢方専門の先生に漢方薬を処方してもらいながら、食事と生活習慣を頑張って変えていくしかないと思いますね。
では、前編はここまで!続きは後編へ
ご愛読ありがとうございました
小学生でも分かる漢方養生YouTube

漢方養生の本場香港で育ちてられたロン毛が
本場の養生を分かりやすく解説する動画をどうぞ

小学生でも分かるようにクセのある日本語でお伝えします。

公式YouTube

公式Twitter