悩み改善

【実経験】無理なダイエットはあの世への切符【漢方養生】

漢方ダイエット

こんにちは、ロン毛メガネです。

本記事の内容
■太った経緯
■ダイエットするきっかけ
■漢方に救われた
■ダイエット
■体重より体型

漢方理論ばかりを書くのも難しくて面白くないと思うので

偶には自分の実体験をシェアますね!

私の経歴に興味ない人は目次■ダイエットする前に理解してほしい事に飛んでください。

ダイエットしたい、ダイエットしても痩せない人はぜひ読んでみてください。

小中高生の頃

小学生のごろは丸かったですね(笑)
朝マックを一人で3セットを食べていたし、
ピザだと最高記録はピザハットのLサイズを一食で2.5枚を食べました(汗)
食欲旺盛でおデブさんでした(笑)

中学生のごろには水泳やバスケットに夢中で身長が伸び、体重も落ち着いてきましたね。

高校生のごろには月額課金制のオンライゲームにハマってしまい、

課金するためにお昼を食べないようにして小遣いを貯めていたので

流石に運動してるのに食べてないから徐々に痩せていきましたね。

そこから18歳までは標準体型でした!

19歳の決断

19歳になり、親のオススメで短期語学留学するためカナダへ旅たちました

カナダへ移住した親の知り合いの家族のお家でホームステイし、

週一BBQでとりあえず肉肉肉、お昼もホットドッグにチーズをぶっかけして食べてました(笑)

KFCやピザ、マクドナルドも当たり前のように毎週食べていた、

ホームステイの家族の中も大食いキャラになり、

いつも「足りないでしょう食べな」と言ってくれるので

こっちも遠慮なく出されたものを口に運びました(笑)

気づいたら三ヶ月で15キロ増え、73~75キロはありました!!!

もちろん、周りの外人さんは大きいな人が多いので

自分が太ってると思いませんでしたね

いざ、実家に帰り、空港で迎えにきてくれた親が私をみて

「丸すぎだろう、何があったんだ、ははははははは」と爆笑されて、

始めて自分めっちゃ太った事に気付いたという。。。

漢方ダイエット

ダイエットの決意

ビジュアル系に憧れで、ヘアメイクの専門学校を通い始めた頃、

周りはオシャレな子が多くて、流石にダイエットしないとまずいと思ったのが

始まりでした。

健康に対しての意識が低くて、

とりあえず、食事制限すれば痩せるだろうと思いました

毎日1500カロリーに制限して順調に体重が落ちていき、

友たちにも痩せたねとか褒められるようになりました。

それが嬉しくて、もっと痩せようと思ってしまい、

さらに1日1200カロリーや800カロリーに制限し

なんと177cmの身長で体重が47キロまでに落ちてしまいました。

骨と皮しかない、ミイラのようになってましたね。。。

しかも、気分も憂鬱になり、元気が無く、声も小さく、やる気も出ませんでした

何より肌荒れがひどかったです。

漢方に救われた

友たちや親に心配をかけて、このままじゃダメだと思いました

自分の爺ちゃんは中医でしたが、その時はすでに90代で引退しているので

家の近くの中医の先生に診察してもらいました。

「手を貸してちょうだい」と指で脈を「測る」
「舌を見せてちょうだい」と舌の状態を「見る」

そして、気虚、血虚、水滞、うつ気味など色んな症状が集結して

「あなた臓腑が機能停止してるぞ、生きてるのが奇跡だ」

と言われてました。確かに自分も三途の川が見えたと思ってました

さらに、先生が「食生活や生活習慣はどうしてる」と細かく「聞く」

無茶なダイエットしていた事や水ばかり飲んでお腹を膨らました事など

話してたら、案の定怒られましたね(笑)

そりゃ怒られますよね、命は何だと思ってんだ!と今は思います

47キロ→52キロ

「気血」を補う漢方薬を毎日飲むようにして

食事も少しずつ食べるようにして3ヶ月で47キロ→52キロまで増え

肌荒れも完全に治り、ニキビ跡もほぼ残りませんでした。

母譲りの美肌に戻りました!

とりあえず一段落しました。

正直52キロも結構ガリガリでしたが、これ以上は増やしたくなかった

仕事柄もあってオシャレでモデルのような体型をキープしたかったですね(バカですね)

自分なりに健康の事に気を配りながら、

52キロをキープして30歳になりました。

30代

30歳になり体機能はピークになるはずですが、なぜかあっちこっちに不調が現れ

ちょこちょこ病院通う生活をしてました、このままじゃ体が持たないと思いましたね

気付いたら、健康オタクと呼ばれるほど

食事の順番、食べ物の効果、スーパーフードやサプリなど詳しくなりました。

そして、自分なりにカロリー、タンパク質、脂質を計算しながら

筋トレを始めましたね。

筋肉を増やしたい一方体重が増えると落ち着かない、

53キロになったら無意識で食事制限をかかり結局50キロまで痩せて

筋トレが逆効果になってしまいました

その時は心のどこかで体重の数字へのこだわりがあったでしょうね、

体が健康になりたくても心が許してくれなかったかもしれません。

体重は数字にすぎない

105歳の中医爺ちゃんがなくなり、叔父さんも病気でなくなった事で

健康は何だろと考えるようになり、

やっと体重はただの数字にすぎないんだ!

数字が大きいだから太ってるわけじゃない、

脂肪が多いから太ってるんだ!と悟りました(笑)

筋肉を増やせばいいと思った

そこから、本格的に自重トレーニングを始めて、

プロテインや鶏の胸肉などを摂取するようになりました。

そして、やはり50〜53キロの間ウロウロして全然増えませんでした。

原因は食べる量が少なすぎ。。。割とお腹いっぱい食べたつもりですけどね(笑)

じゃあ、プロテインを2杯、3杯を飲めばいいかと思って、アメリカ産のプロテインを

飲み始めたら大変な事が起きましたアゴ辺りに大人ニキビが大量発生!!!

皮膚科に行ったら「アレルギーかもしれないですね」と言われ、

抗アレルギーのお薬と漢方の「十味敗毒湯」を出されました

結局プロテインをやめてみたが、大人ニキビは治らなかったし、

他に大豆製品もやめてみてもダメでした。

それでも諦めずに筋トレをして、カロリー、タンパク質、脂質を気にしながら

今は55キロまで増え、体脂肪率は11%!!

大人ニキビ

体重は健康的で増えてきた所、

結局9ヶ月経ってもアゴのニキビが治らなくて、漢方の先生に診てもらいました

その記事はこちら↓
https://east-lifecare.com/pimple/

https://east-lifecare.com/chinese-hospital/

簡単にいうと、20代の無茶な生活が30代になって現れたという感じです。

やはり、「気虚」「血虚」が大きな原因のようです。

自分も薬膳で何とか頑張って改善しようとしたが、

やはり食べ物だけじゃカバーできませんでした。

今は薬飲んで2週間ちょっとですが、ニキビも落ち着いてきて、

食欲も回復し、食べれるようになりましたね。

とりあえず、今年の夏までには58キロ、体脂肪10%前後を目指して頑張ります!!

ダイエットする前に理解してほしい事

1. ダイエットする目的を明確に。

Q:何故ダイエットするか? 
A:健康になりたい、かっこうよく見せたいなど

Q:いつまで仕上げたいのか? 
A:1ヶ月2キロ、夏まで3キロなど、時間を設定した方が達成しやすい。
ただし、無理なダイエットは体に大きな負担をかかるのでオススメしません。
目安は1ヶ月1〜2キロ

Q:理想な体型はあるか?
A:理想な体型の目標を探そう、モデルさんでもいいし、アイドルでもいいです。

2.体重計に乗るより全身鏡で体をみる。

体重はただの数字、同じ体重でもぽっちゃりな人と引き締まってる人がいる、

大事なのは体脂肪率だと思います

体脂肪の目安は男性が12~15%、女性は20~25%のようです。

3.無理なダイエットはしない。

無理なダイエットをしていい事はないのが私自身が経験した事です、

体に負担をかかり、結局心身ともボロボロになるだけです

ダイエットまとめ

  1. 食事のバランスよく食べる事、野菜、お肉、炭水化物をちゃんと食べる
  2. 食事の量を減す
  3. お菓子を控える
  4. 質のいい油分をとる(オリーブオイル、亜麻仁油、ごま油)
  5. 質のいい脂質をとる(ナッツ類、ごま、アボカドなど)
  6. 発酵食品をとる(納豆、米麹の甘酒、お味噌など)
  7. 運動をして脂肪燃焼させる(20分以上するのが理想的)
  8. 寝る前3時間何も食べない←(効果的)

これらは私が今心がけている事です。

実際これで太りにくい体質になり、

さらに筋トレする事で筋肉が増え、

体重は増えるが逆に引き締まってるように見えます!

最後にぜひ関連記事もご覧ください↓

年齢別の養生法
年齢や性別によって養生の仕方が違うとは?【わかりやすく解説】年齢、性別、生活環境、食事、運動など、人によってケアすべき場所や、養生法が変わってきます。自分の年齢と性別にあった養生法を知るには大事ですよ!無闇に間違ってたケアしないでね!...

今回は長文になりましたが、文章力が低くて申し訳ないです。

ご愛読ありがとうございました。 

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

小学生でも分かる漢方養生YouTube

漢方養生の本場香港で育ちてられたロン毛が
本場の養生を分かりやすく解説する動画をどうぞ

小学生でも分かるようにクセのある日本語でお伝えします。

公式YouTube

公式Twitter