漢方雑談

【漢方薬膳】冬の寒邪を駆除しよう【簡単レシピあり】

芋スープ

こんにちは、ロン毛メガネです。

本記事の内容
■香港の伝統薬膳デザートを紹介(レシピあり)
■四川料理レビュー

今回の記事は理論的な部分はありません

ただ、香港と北京に住んでた時、冬には必ず食べる食養生を紹介します

興味がある人はぜひ作ってみてください!とても簡単です。

番薯糖水「サツマイモ生姜スープ」

まず完成図はこちら↓

芋スープ
  • 材料(3〜4人分)
芋スープ材料
  1. 水 : 2L
  2. サツマイモ : 2〜3個(スイート芋推奨
  3. 生姜 : スライス切り4〜6枚(辛味好きな人は6以上でも可
  4. 純黒糖 : 大さじ3〜4(45〜60gお好みで調節してください
  • 手順

1. 2Lの水を沸騰させます。

2. 加熱している間、サツマイモの皮を剥きます。

サツマイモ-2

皮を剥いたサツマイモは酸化しやすいので、水に浸けときましょう。
生姜

3. 生姜を洗い、皮ごとにスライス切りにします


4. 2Lの水が沸騰したら生姜とサツマイモを一緒にお鍋に入れます

5. 中火にし、約30分くらい煮込んでいきます。

6. 30分後、イモが柔らかくなったかどうかをチェック

7. 柔らかくなったら黒糖を投入して、溶けるまでやさしく混ぜます。

8. 完成。

 

サツマイモの効果

サツマイモには葉酸、ビタミンC、B6が豊富で、

電解質や血圧をコントロールしてくれる。

ビタミンA(βカロテン)やビタミンCは抗酸化作用があり

そして、研究によると血糖値を下げる効果や抗糖尿病効果も期待できそうです。

  • 漢方の視点から見ると

五味は「甘」、五性は「平」、帰経は「脾腎」

サツマイモは
「気」を補い

「水」を生成し体に潤いを与え、

「脾胃」を整え、便通を良くする効果があります。

 

生姜、黒糖の効果

生姜の五味は「辛」、五性は「温」、帰経は「肺脾胃」

冬の寒邪を追い払い、脾胃を温める効果があります。

黒糖の五味は「甘」、五性は「温」、帰経は「肝脾胃」

脾胃の働きを助け、血行を良くし、冷えからくる生理痛には効果的です

 

こういう人にぜひ飲んで欲しい

1. 気虚や血虚
2. 便秘や冷え性
3. 寒邪による風邪気味< /span>
4. ダイエット中
5. 生理痛

冬や春先の間に月1〜2回ほど作って飲んでます!!
もちろん、週1でも全然いいと思いますが、体調と相談して飲んでください

もし、
下痢気味や熱っぽい時は控えましょう!!

 

本格四川料理

ツイッターにも載せましたが、本格的な四川料理屋さんに行ってきました(笑)
ぜひフォローしてもらえたら嬉しいです。

水煮魚

後2週間くらいで春分になり、春を迎えるため体の寒邪を追い払おうという事で

唐辛子、山椒がいっぱい入ってる四川料理を「辛っ、うまっ」と言いながら

食べてましたよ!

唐辛子唐揚げ

見ため通り唐辛子と山椒盛り盛りです(笑)

そして、山椒と唐辛子はどっちも体の冷えを追い払ってくれる食材で、

消化促進や脾胃機能向上の効果があります!!

ぜひ春が来る前に食べてみてください!!

ちなみに、こちらのお店は大阪の本町にある「」という中華料理屋さんです。

オーナーとシェフは在日中国人で愛想がいい人たちです!!

大阪在住の人はぜひ検索してみてください!

ご愛読ありがとうございました。

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

小学生でも分かる漢方養生YouTube

漢方養生の本場香港で育ちてられたロン毛が
本場の養生を分かりやすく解説する動画をどうぞ

小学生でも分かるようにクセのある日本語でお伝えします。

公式YouTube

公式Twitter