漢方の基礎

ストレスの多い社会は「気滞」を産むとは【気滞タイプ】

漢方気滞

こんにちは、ロン毛メガネです。

本記事の内容
■ 気滞とは
■ 気滞の特徴&原因
■ 改善法

年齢別の養生法
年齢や性別によって養生の仕方が違うとは?【わかりやすく解説】年齢、性別、生活環境、食事、運動など、人によってケアすべき場所や、養生法が変わってきます。自分の年齢と性別にあった養生法を知るには大事ですよ!無闇に間違ってたケアしないでね!...

↑こちらの記事には人によって様々なタイプがありますよと書きました、
今回は「気滞」タイプについて深掘りして行きます!
気になる人はぜひ読んでください。

「気滞」とは

漢方気滞

「気滞」とは気の流れがスムーズに進む事が出来ない、停滞している状態です

気滞の症状

*良くある又は分かりやすい症状は黄色マーカーでひいてます

  1. 緊張しやすい、緊張すると具合が悪くなる
  2. ため息をつく
  3. のどがつかえる
  4. ゲップが出やすい
  5. 胸やわき腹がはる
  6. お腹が張りやすい
  7. ガスが出ると楽になる
  8. 変動性な痛みを感じる
  9. イライラする、怒りっぽい
  10. 便秘、下痢を繰り返す
  11. 憂鬱傾向がある、気分が不安定
  12. 暴飲暴食しがち
  13. 生理前緊張する
  14. 生理前に胸が張りやすい

 

気滞の原因

大きな原因は2つ

ストレスと不規則な生活と考えられます
 
または緊張な状態が長く続く時や

よく同じ姿勢で作業して運動不足のも原因だと考えられます。

 

改善法

まずストレスを溜めないように、ストレスを発散し

生活リズムを見直して出来るだけ不規則にならないように心がけましょう。

またはアロマオイルやレモンの皮などをお風呂に入れて、香りでリラックスするのもいいです。

以前の記事にストレス発散や「気」のめぐりをよくするツボについて書きましたので
よかったらそちらも参考にしてください↓

https://east-lifecare.com/pressure-point/

食事

香りのいい食べ物を取り入れて、「気」のめぐりをよくしましょう
例えば:

  1. 野菜類:セロリ、ニラ、ネギ、大根、春菊な 
  2. 果物類:グレープフルーツ、みかん、キウイ、ゆずなど
  3. 香辛料:生姜、八角(ハッカク)、胡椒、にんにくなど
  4. 食薬:薄荷(ハッカ)、菊花、陳皮(チンピ)、シソなど

 

運動

「気」の流れを良くするのが大事なので、

気虚でなければ思いっきり体を動かしましょう

気虚の人は無理せずにウォーキングでもいいです

または、ヨガやラジオ体操、太極拳など

呼吸を意識した運動で心を落ち着かせるのも良いです。

動養生についてはこちら↓

https://east-lifecare.com/activity-lifecare/

 


さて、今回は気滞タイプを簡単にまとめてみました。


緊張しやすいやよくイライラする人が多いと思うので、

ぜひ一度生活習慣を見直してください!

ご愛読ありがとうございました。

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

小学生でも分かる漢方養生YouTube

漢方養生の本場香港で育ちてられたロン毛が
本場の養生を分かりやすく解説する動画をどうぞ

小学生でも分かるようにクセのある日本語でお伝えします。

公式YouTube

公式Twitter